保持演目

 

塩祓い(しおはらい)

 

 
「四方の神々よ、ここにお集り下さい」という意味合いを持ち、
東西南北、春夏秋冬、青朱白玄、
世の中のめぐりの理を表す神楽の基本的な舞です。
 
四方祓いとも言われ、
舞座を清め祓う儀式舞として、
二人舞、四人舞で舞われています。


神祇太鼓(じんぎだいこ)

 

太鼓を中心とした神楽囃子の組曲で、

あらゆる神楽囃子が組込まれ、数個の太鼓で合奏されます。

普段は脇役である囃子方が主役となり打ちならす神祇太鼓には、

他の演目にはない迫力があります。


恵比須大黒(えびすだいこく)

 

出雲の国、美保神社の御祭神である通称、
恵比須様が父神である大黒様と共に
鯛を釣り上げることで幸せをもたらす、
大変おめでたい神楽です。

 

演目『恵比須』では、
恵比須様の一人舞もみることができます。


岩戸(いわと)

 

弟神の悪行に心を悩まされた天照大御神(あまてらすおおみかみ)は

天の岩戸(あまのいわと)にお隠れになり、世の中は常闇となります。
そこで八百万の神々達の謀らいにより、

天の宇津女の命(あめのうづめのみこと)の

御神楽の賑わいに少し開かれた岩戸を、

天の手力男の命 (あめのたぢからをのみこと)が開き、

世の中に光が舞い戻ります。

 

この舞は、古事記・日本書紀を基とし、天照大御神の御神徳をたたえ、

祭事及び神楽の起源を語るとするものです。

舞手は、最後の喜舞で面を外し、

神楽歌を歌いながら舞をまい、その土地の平和、繁栄を祈願します。 

 


頼政(よりまさ)

 

 

平安の末期、時の帝・堀川天皇は怪物・鵺により
病に侵されてしまいます。
 
詔を受けた源頼政が、従臣・猪早太と共に、
鵺を退治する演目。

 


大蛇(おろち)

 
高天原を追放された須佐之男命は出雲国簸乃川に辿り着く。
そこで嘆き悲しむ老夫婦と姫に出会う。
訳を聞くと大蛇が毎年秋に、村の姫をさらっていくのだという。
命はたった一人の娘「櫛稲田姫」と結婚することを約束に、
毒酒と十束剣をもって退治に出るのであった。